卓上カレンダー 通販

通販で販促品として卓上カレンダーを購入するなら「販促グッズエース」へ!!

卓上カレンダーは販促品として、とても需要があり人気もあります。ここでは、販促品に卓上カレンダーを活用する良さについてお届けします。

卓上カレンダーの販促品としての魅力について

販促品とは?

皆さんは、上手に販促品を活用できているでしょうか。販促品と言うのは、企業の販売促進活動や広告宣伝の為に、企業名や商品名等が記載されている商品を無料配布する為の記念品の事を言います。ノベルティグッズやノベルティアイテムと言われる事もあります。こうした販促品には大変様々な種類があり、卓上カレンダー、ボールペン、クリアファイル、ティッシュ等が代表的なアイテムになります。
販促品と言うのは、単純にプレゼントとして多くの人に配布される訳でないのです。自分の企業の商品名をいかに世の中の人に覚えてもらう事ができるか印象に残るインパクトをどうしたら与えられるか等、企業としてのブランディング要素をしっかり持っている事が大切なのです。

企業が販促品として卓上カレンダーを配る理由とは?

多くの企業では、特に年末時期になってくると、営業マンが仕事の取引先に向けて「今年も一年お世話になりました」と、一年間の締めくくりとして挨拶回りを行います。しかし、手ぶらな状態で取引先へ挨拶するのは少々気まずい部分もあるので、何か手軽に配る事ができるアイテムがあると便利ですよね。営業マンも「カレンダーをお渡ししたい。」と言う理由ができるので、取引先に対して会う約束がしやすくなります。また、自社の企業ロゴを卓上カレンダーに入れて渡す事もできるので、企業としての宣伝ツールにも活用する事ができます。
このように、卓上カレンダーの配布と言うのは、取引先で自分の企業カレンダーを置いてもらう事もでき、多くの人に向けて取引としての存在を覚えてもらう効果もあり、それは大きな魅力の一つになっているのです。

   

販促品を持参して挨拶を行う時期…

販促品を持参して仕事の取引先に挨拶をする時期は、基本的には11月末~12月中旬位までに行う事が一般的となっています。あまり挨拶回りが早いと販促品を失くされてしまったり、逆に、遅過ぎても販促費の使い道がなく捨てられてしまったりします。それぞれの企業も年末時期は特に仕事が忙しくなるので、一番良い時期は12月に入ってから早いタイミングで配布するのが最適です。

 カレンダーのデザインポイント

自社名を大きく出し過ぎない事
卓上カレンダーと言うのは、自社広告の意味も兼ねています。しかし、あまりにも自社名を大きくアピールし過ぎてしまうと、返って取引先に悪いイメージを持たれてしまう場合もあります。なので、販促品として卓上カレンダーを配布する際には、さり気なく自社をアピールできるようなデザインにする事が、好印象を持ってもらう為のポイントになります。
カレンダーサイズは卓上サイズがお勧め
大きいサイズのカレンダーは、それだけでもインパクトがあり大きく宣伝できるツールにもなります。大きいサイズのカレンダーは、オフィスや部署に1つあれば良いですよね。しかし、卓上カレンダーですと一人一人デスクの上に置いてもらう事ができ、多くの方に記憶にとどまる可能性が高くなります。

このように…

卓上カレンダーは、もちろん年末の挨拶回りの販促品としても活用する事ができますが、その他にも、企業広告や宣伝ツールとして様々なシーンに活用する事ができる良さがあります。

販促品には名入れ卓上カレンダーがお勧めの理由とは?

名入れカレンダーと言うのは、様々なカレンダーに自社名やサービス名等を印刷してオリジナルカレンダーに作成したものです。主に、名入れの卓上カレンダーは法人様の年末挨拶等で持参する配布物になっています。
この名入れカレンダーには、主に、壁掛けタイプと卓上タイプの2タイプがあります。壁掛けタイプは、社内の目立つ場所や応接室等に飾ってもらう事ができ、卓上タイプは会社の各スタッフのデスクの上で年間を通して活用される事が多くなっています。販促効果という点では、とても低コストでありながら効果的に宣伝・アピールする事ができるので、多くの企業が有効的に名入れカレンダーを活用しています。

 名入れ卓上カレンダーのメリット 

年間を通して活用できる
卓上カレンダー 通販

名入れカレンダーの用途は、取引先への贈答品として用いられるケースが多いアイテムになります。一般的に配布されるチラシや広告と同じように、自社プロモーションツールとして活用するアイテムとなっています。チラシ等は読んですぐ処分される可能性が高かったり、ポケットティッシュ等も使い切れば捨てられてしまったり、あまり高い宣伝効果があるアイテムとは言い難いものがありますよね。
その点、卓上カレンダーであれば、年間を通して使う事ができるアイテムになるので、必然的に目に留まる機会も多くなり、高い宣伝効果が期待できるのです。また、卓上カレンダーには実用性もある為、その実用性を取引先の方に実感してもらう事もできます。そう言った観点から見ても、取引先と良好なお付き合いを継続する事にも繋がっていきやすくなるので、人気の高いアイテムになっています。

目に留まる頻度が多い

卓上カレンダー以外にも販促品には、名入れタオル、ボールペン、うちわと言うように様々な名入れアイテムがあります。しかし、いずれのアイテムも卓上カレンダーのように飾るものではなくて実際に使用するアイテムになるので、名入れ広告効果としては卓上カレンダーには及ばないのです。自分専用のカレンダーになる卓上カレンダーは、取引先のスタッフにとっても大変便利なアイテムとして重宝されており、販促品としても人気が高くなっています。

卓上カレンダー 通販

卓上カレンダーを販促品にする良さとは?

卓上カレンダー 通販

卓上カレンダーを販促品にする良さは、やはりコンパクトで小さなスペースでも活用する事ができる利便性の高いアイテムであると言う点です。卓上カレンダーは一般的にハガキサイズが定番となっていますが、ここ最近ではA6サイズの卓上カレンダーも販売されるようになる等、卓上カレンダーのデザインにも幅が広がっており、個性的なデザインのものも色々販売されています。例えば、スライド式、インデックス付き等、タイプも増えているのでデザインの選択肢も多く、卓上カレンダーを選ぶ楽しみも多くなっています。
特に、近年では、卓上カレンダーの需要が高まっており、職場において最適なアイテムとして重宝されています。

日めくりカレンダーだと、毎日カレンダーをめくる作業手間ですが、卓上カレンダーは、めくる手間も無く使い勝手の良い所がメリットです。途中で飽きて使用するのを止めてしまうカレンダーよりも、実用性が高くて使い勝手の良いカレンダーの方が、販促品を贈って相手にも喜ばれます。デスクの脇に置いても邪魔にならず、スケジュール管理もちゃんとできるので、仕事効率の向上にも役立つアイテムとしても気に入られています。

 販促品で卓上カレンダーを配布するメリット 

企業名の認知度向上
例えば、会社を立ち上げたばかりで全く世間に知名度が無い企業では、自社の販促品を製作して様々な場面で配布を行う事で、知名度を上げる事ができます。また、知名度を上げるのと同時、多くの顧客獲得も期待する事ができるので、会社としての経済利益の向上にもつながります。なので、既に多く人に知名度のある企業にも対抗する事ができる、効果的な宣伝ツールと言えるのです。ビジネス戦略の一つとして有効な手段になり、コストもあまりかからないので、卓上カレンダーは多くの会社や企業で宣伝ツールに役立てる事ができます。
企業イメージアップ・好感度アップ
販促品は取引先の企業はもちろん、消費者に向けたアイテムにも活用する事ができます。販促品は配布する事によって、結果として、自社の企業イメージアップ好感度アップにもつなげる事ができるツールなのです。また、販促品は必然的に使用頻度が高くなるアイテムなので、自然に宣伝できる良さがあります。

卓上カレンダー 通販卓上カレンダーをYahoo!通販サイトで見てみる